Hatena::Groupkossy

はてなのオープン性

はてなのオープン性

プレゼンテーション

はてなのオープン性

  • 1. 社内に対するオープン性
  • 2. 社外に対するオープン性
  • まずは社内の情報共有、コミュニケーション能力の向上が必要

1. 社内に対するオープン性

  • 情報の私物化を禁止する
  • 情報の取捨選択は閲覧者が行う
  • フリーフリーアドレス
  • サービスのディレクターをコンペで決める
  • アイデアを腐らせない仕組み
  • 新しいアイデアを生み出すための仕組み
  • 社員同士でボーナスを決める

情報の私物化を禁止する

  • 情報はみんなのものである
  • 情報資産の有効活用 → 会社全体の生産性向上
  • 初期のはてなでの反省
    • 同じようなプログラムを別々のプロジェクトで作っていた

情報の取捨選択は閲覧者が行う

  • 「情報を出すべきかどうか」を情報発信者に判断させず、「興味のある話だけを読める仕組み」を作る
  • 社員間のコミュニケーションはブログ+トラックバック。 自由に閲覧、検索
  • 社外とのメールのやり取りは全社員MLにBcc
  • 会議は部屋の真ん中で立ったまま。 参加自由
  • 議事録はグループウェアにアップ
  • 会議はICレコーダーで録音して社内ポッドキャスト

フリーフリーアドレス

  • コミュニケーションの偏りを防ぐ
  • 毎朝好きな席に座って仕事をする
  • ノートパソコン+無線LAN
  • 前の日と同じ席に座ってはいけない

サービス責任者をコンペで決める

  • ウェブサービスは常に新規性が求められる
  • ベテランが常に最高の成果を出せるとは限らない
  • やりたい人がやる!
  • 立候補 → プロトタイプ開発 → 投票
  • 公平な仕組みで選任することによる信頼感

アイデアを腐らせない仕組み

  • はてなの開発業務の分類
    • 1. 連続的開発業務
    • 2. 非連続的開発業務
  • 「非連続的」なアイデアを腐らせないのが肝心
  • 毎朝のミーティングで誰でも自由に発表
    • アイデアを考えた人間を萎えさせない
    • 根回し、上司への相談不要
    • PowerPointのきれいな資料は不要。 ブログに箇条書きで十分
    • 単純な否定はNG。 質問か対案を

新しいアイデアを生み出すための仕組み

  • 新しいアイデアを生み出すのは難しい
  • その確率を少しでも上げるための取り組み
    • 開発合宿
    • 散歩ミーティング
    • 勝手オフィス
    • 社宅サーバー
    • 水・土の選択式休日

社員同士でボーナスを決める

  • 「PageRank」方式を採用
    • Googleが開発したウェブページの重要度の判定技術
    • 「多くの良質なページからリンクされているページは、やはり良質なページである」
  • はてなのボーナス決定方式
    • 1. 社員全員でお互いを評価(人数 × 100ポイントを各社員に自由に分配)
    • 2. 評価の高い人が行った判断に重み付け
    • 3. 最終的な獲得ポイントに応じてボーナスを山分け

2. 社外に対するオープン性

  • ユーザーとともにサービスを開発
  • 50%の完成度でサービスを出す
  • 予測市場でユーザーからの要望を集める
  • データを公開する

ユーザーとともにサービスを開発

  • Linuxのようなオープンソースプロジェクト
    • 世界中から有志のプログラマが参加
    • 開発の過程、成果物はすべて公開
    • 誰でも利用できる
  • はてなの開発スタイル : ユーザーとの対話
    • プロセスの公開
    • 社内ミーティングをポッドキャストで公開
    • 社内ミーティングにユーザーが参加

50%の完成度でサービスを出す

  • 早くリリースしたほうが有利
  • 作る人間の想像力には限界がある
  • 骨格ができたらリリース。 みんなの知恵で肉付け

予測市場でユーザーからの要望を集める

  • 株式市場のような市場システムを活用
  • 米国での活用例
    • 大統領選挙の結果予想
  • はてなアイデア
    • ユーザーと運営者の利益を相反させない仕組み
    • 様々な要望を仮想の株式銘柄に見立てて売買
    • 要望が実装されると配当が支払われる
    • 任意の価格で売買できる
  • はてなアイデアミーティング
    • ユーザーへのフィードバック

データを公開する

  • みんなが見たいものは「データ」
  • ウェブサイトのデータを他のサイトから利用できるようにする(Web APIの公開)
  • タダ乗り歓迎。 ネットワーク効果を利用
  • Amazonの事例
    • 「検索エンジンを制するものはビジネスを制する」
    • API+アフィリエイト → 大量のリンクを集める → 検索エンジンの上位に表示
  • Webの評価軸が変わる
    • Web 1.0 : どれだけトラフィックを集めたか
    • Web 2.0 : どれだけデータを流通させたか
  • Sun×リクルート Mash up アワード
  • はてなもやってます

前のページ -> はてな会社紹介 - presentation

次のページ -> はてなの今後の事業展開 - presentation